2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.19 (Sat)

機材レビュー

こんにちは

ツイ見たら分かる通り、ここ数か月で色々機材を買い揃えてるのでその感想でも
もっと使い込んでから…とか考えてて筆が進まなかったんですが、完全に使いこなすのは当分先だし、時間が経って気持ちが変わったりとかもするので、あくまで現時点での感想という感じでいきます

・Kemper
マヨ買って次はアンプだな~と考えていたので初任給が出た勢いでエイヤと購入
それまではアンプリチューブ使ってたんですが、どうにも弾き心地が良くないし、細かいレガートとかタッピングを上手く拾ってくれないし(勿論ノイズゲートは切ってる)、そもそもの音質もパッと聴きは良いようで実はショボいっていうハリボテ感が不満だったんですよね(自分の腕不足というのも90割くらいあるんだけど)
brainworxとかのアンシミュも試して、アンプリよりはマシだなと思ったんですが満足には至らず、こうなったらハードのアンシミュに行くしかねぇ的な流れに

Axe-fxも弾いたんですが、こっちはかなりバキバキな音で、ハイゲイン系向けな感じだったのと、弾き心地もアンプリの延長というか、勿論クオリティは断然上なんですが若干そんな感触がありました
ケンパーはそれよりも一歩引いた感じで、派手さは劣るけどこっちのが扱いやすそうだなと
あとは弾き心地がスムーズというか、鳴らしたい音がちゃんと鳴ってくれる感じで良い
ただアタックの暗さというか、ダイレクト感の少なさは最初違和感あるかも

肝心の音質も普通に満足できる出来です、ただリグとの相性に結構左右されるところはありますね
一つのリグで一つのアンプセッティングしか保存されてないわけで、それが自分のギターや今欲しい音とマッチするかっていうのは完全に運です
勿論ゲインとかEQも弄れるんですけど、あくまで微調整でありガッツリ変えると変な感じになるので、その辺を完璧にしたいなら自分でアンプセッティングしてプロファイルした方が良いという話になります
ネットに落ちてる奴とか有料リグでハマるものに出会えればいいんですけどね…

ざっくり例えると「何も考えなくても80点は取れるが90,100点を目指すのは苦労する」っていう感じですかね
まぁ自分はそこまで拘る気も今のところ無いし、アンプリに抱いていた不満は完全に解消されたので満足してます
ソフトアンシミュ使ってて納得行ってない人はさっさと買った方が幸せになれるんじゃないかと

ちなみに操作は結構直観的で楽です、ボタン長押しで詳細画面行けることを覚えれば何とかなる
まぁリグをフォルダ管理できないのはクソとしか言えないけど…
あとエフェクターはおまけとか言われてますが一通り揃ってるし質も悪くないです、ただもう少しバリエーションが欲しいなと
コンプが一種類は寂しい(ディレイは無駄に多いのに)

・Babyface pro
マヨとかケンパーが揃ってるのにインターフェースが安物(UR22)ってどうなのよ的な気持ちになり購入
RMEではUCXとかも近い価格だけど設計が新しい方が良いのではと思いこっちに
他にはapollo twinもUADプラグインが使えるということで気になってたけど、どうせ将来的にはPCIeカードで導入するだろうし、今は純粋にI/Fとして性能が高い方が良いかなと
あとUSB版は不具合報告多くて怖かった(もしMac使いだったら違ったかも)

届いたらまずtotalmix(付属のソフトミキサー)の使い方がよく分からずちょっと一苦労しましたが、慣れると色んなルーティングが出来て便利ですね
ループバックもあるのでPCで鳴ってる音をそのまま録音出来たりします

さて肝心の音質ですが、UR22と聴き比べると確かに違いを感じます
UR22だと音が平面的でのっぺりしてるのに対して、babyfaceは奥行きを感じます
特にサビでぐわっと音数が増えたときの迫力が凄い
また、ステレオ感とかリバーブの深さもbabyfaceの方が大きく聴こえて、最初設定間違えたのかと思った(ホントにミスってたらゴメン)
音の分離もいいので音量上げてもゴチャっとせずに聴き疲れしにくいです
あとは天井が高いというか、ストリングスの高音とかUR22だとザラつきを感じるところも綺麗に聞こえますね
ただbabyfaceだと音の情報量が多い分散漫な印象を受けなくもないです
UR22のがボーカルが浮き出てるのでパッと聴きの印象は良かったりしました
ギター録音にも試しましたが、中域の密度が上がった感じでしたね
試しにアンプリも使ってみたんですが以前より印象良くなってて驚き

ただまぁ違いはあるにせよそこまで劇的ではないというか、安物のイヤホンから高級ヘッドホンに替えたときみたいな衝撃は無いですね
上の違いもしっかりした音源で聴き比べた時の話で、圧縮音源とかだと差が小さくなって来ますね
現状のインターフェースで特に不満の無い人は別に急いで買い替えなくてもいいのではと思います
あくまでクソ耳の意見なので参考程度に、良い子はちゃんと試聴して決めましょう

エフェクターとかはまたおいおい
スポンサーサイト
22:28  |  機材  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。