2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.04 (Sun)

CHONの話(1)

書く書く詐欺を続けていましたがようやく気が向いたのでCHONについて書きます

初めて聴いたのはもう1年以上前になりますね
マスロック関係の演奏動画をよく上げてるももも氏(@abroadbean)がツイッターで名前を出してたのがきっかけでした

最初はマスっぽいけど何か音色がメタル寄りだなぁという印象で、そこまで気に入ったわけじゃなかったです
ただ、ところどころに出てくるタッピングとか面白そうだなと思って練習してたら段々ハマり始めた感じですね
当時は「テンポもそこまで速くないし一音ずつ追っていけばそのうち弾けるんじゃね?」と甘く見てたんですが、現在でも全然歯が立っていません… 

どこがムズいのかっていうと色々ありますが、やっぱり一番は左手、運指ですね
普通にロックとかポップス弾いてきた人間にとっては想像もつかないような運指ばかり
公式のtab譜見てもどう弾いてるのか全く分からず、何かの間違いだろと思ってプレイスルー動画見たら本当にその通り弾いててビビることが未だにあります

CHONの運指の特徴としてはまず弦飛びの多用ですね
5弦→1弦とかバンバン出てきます
それに伴ってミスピッキングしないように右手力もある程度要求されますね

そしてストレッチフレーズの多用
届かねぇ…ってほどじゃないんですが地味にキツイのを連発してくるんで物凄く疲れます
7f10f12fとかよく出てきますね
加えて基本的にレガートメインなので、ストレッチしつつハンマリング・プリングでしっかり音を出すには相当指を鍛える必要があります

あとは複雑なテンションコードも良く出てきます
自分はバンアパ弾いてたのでである程度慣れてましたが、メタル一筋!みたいな人には大分厳しいんじゃないでしょうか
例えば6弦4f、4弦4f、3弦4f、1弦6f(それぞれ人中薬小)とかは頻出です(CHONコードって名前付いてもいいくらいだと思う)が、これをパッと押さえるのは結構苦労します
また、Frostingに出てくる6弦7f、4弦11f、3弦8f、2弦9f、1弦7fとかはかなり鬼畜です

そしてCHONの運指の最大の特徴として、人薬小の組み合わせを多用するというのがあります
具体的には、5f→7f→9fという風に2フレット刻みのフレーズは人中小の運指で弾く人が多数派だと思うんですが、CHONの2人は人薬小で弾くんですよね
人薬小を使うギタリストで有名なのはポールギルバートぐらいですが、ポールも何だかんだで人中小を使ってたりするのに対し、CHONの2人はいついかなる時でも人薬小を崩さないところが唯一無二
面白いのは、2フレット刻みのフレーズなら弦や指の順番が違っても人薬小のままということですね
例えば5弦5f→2弦9f→4弦7fというフレーズなら人→小→薬という感じ
相当細かく運指を観察してるつもりなんですが、今のところ例外は一つもないです、見つけたら教えて下さい
ていうかここまで人薬小に拘ってるギタリストって他にいるんですかね?

人中小でいいじゃんと思うかもしれませんが、人薬小だと手の動きが小さくなるメリットがあると思います
人中小だと手の甲をグイッと動かして押さえる感じになりませんか?
逆に人中小の方がしっかり押弦できるというか、人薬小だと小指がストレッチ気味になって辛いというのがあります
ポールも手がクソデカいことで有名ですし、小指が長い人はこっちの方が自然なのかもしれませんね
人薬小に拘るかどうかは人の勝手だと思いますが、CHONの場合人薬小を前提としたフレーズになってることも珍しくないので、個人的には両方練習しておくのをお勧めします
(ただ、5弦ルートのメジャー7th型スウィープも人薬小で弾いてるの見たときは絶対に真似出来んと思った)

左手の話が続きましたが、右手にも触れとこうかと
基本的にレガートで、エコノミーやスウィープも多いので、ピッキングが間に合わない…みたいな状況は少ないですね(あるにはある)
前述の通りスキッピングも激しいですが、ある程度基礎練習してれば何とかなるかと
右手でキツイのはまずタッピングですね
中指タップの他に薬指タップなんてのも出てきます、最近のテクニカル系では普通に出てきますけど、初遭遇したときはめっちゃ戸惑いました
特にCHONの場合、1弦19f(中指)→1弦21f(薬指)というパターンが多く、ちゃんと鳴らすのに苦労します

そしてもう一つの難関がハイブリッドピッキングですね
中指と薬指使うのはまぁ普通にありますが、CHONの場合小指まで使います
これも最近のテクニカル系では普通になっちゃってますが驚きました
ただ、フュージョン系ギタリストみたいに単音弾きの途中でチキン入れるっていうのは全くやらないのが不思議ですね

あと本人たちのピッキングフォームですが、エリックは割とオーソドックスに手首主体で弾いてるのに対し、マリオは摘み持ち&屈伸(っていうより尺取虫的な動き?)という意味不明なフォームで弾いてますね
どうしたらこんなフォームに落ち着くのか謎すぎる…

最後に、これだけのテクニックをクリーン・クランチというごまかしの効かない音で弾きこなしてるっていうのが一番ヤバいですね(1st demoはゴリゴリに歪んでるけどそっちはそっちで別の難しさがある)
本当は各曲毎にムズいポイントを挙げていこうかなと思ってたんですが、長くなり過ぎたので次の記事に回します

スポンサーサイト
16:35  |  音楽  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。